「Branch」この言葉をどこかで聞いた事があるのではないでしょうか。 「人生の分岐点」「出会い」という意味であり、人の出会いを大事にするからこそ「人生」がある。 これを企業理念としているのが「Branchグループ」である。 代表の南さんは、22歳という若さで人の出会いを誰よりも大事にする「人」である。 では、どのような事業をしているのか。 それは、主にITコンサルタント及びネットビジネスを提供しており、今では、月に100万以上の売上にコンサルタント料は法人相手に1時間110万以上。 今や「IT業界のカリスマ」と言われ、多数の法人企業からのオファーが殺到している。 では、始めから簡単に「成功」という文字が現れたわけではない。 高校卒業後に大阪で工場勤務として社会人のスタートを切った。そこは、夢も希望もないひたすら同じ仕事の繰り返し。そして長時間労働の上、給料は残業代もまともにつかない、まさに「ブラック企業」であった。 高校卒業後に理想と現実の違いに挫折を経験。そこから果てしない暗い山道を歩む事になった。ある日、ネットを見ていると「ネットビジネス」というキーワードがあり自然にその記事を開いた。 今がドン底ならこれより下はないという斬新な発想により、ネットビジネスを始めた。しかし、初期投資が必要で今の資金では到底無理な話と諦めかけたが、何故か資金の準備をしたという。 金融機関にひたすら当り、資金を用意しネットビジネスを始めたが、またもや大きな壁が立ち塞がる。 それも理想と現実の違いであった。 「何故、成果がでない」「何故、俺だけが」という悔し涙を流しながらも約一年間、毎日欠かさずにやるべき事を貫いた。 その先に待っていたのは「成功」という待ちに待った眩しい大きな扉であった。 南さんは「本当に一年間は借金の返済にしかお金がつくれず、食べるものも100円ローソンで買った野菜などを食べていた」と語る。 今や愛車は「ベントレー」に社員数は60人以上。 大阪市内の中心部に事務所を置くほどまでに成長した。 そして、夢は「資産1兆円」という大きな夢である。その中でも、サイドビジネスを充実させて若者の生活水準の底上げの実現。それに社会貢献を続けていく「奉仕」の心。 22歳である南さんの夢は果てしなく大きくこれから若者が目標とする「人」に間違いないであろう。 今回の取材でも感じさせられたが、簡単に「成功」は掴めない。だからこそ「人生」の面白さがあるのではないのか。 若くして苦労をして出会いを大事にする南さんの「成功」は実力だと実感している。 これからも、若者のために邁進する「Branchグループ」の活躍を期待したい。 記事 稲石">

NEWS & TOPICS 新着情報

  • 取材 「IT業界のカリスマ」

セールスポイント

今回は「Branch グループ」 代表の南 大輝 さんを取材させて頂きました。 「Branch」この言葉をどこかで聞いた事があるのではないでしょうか。 「人生の分岐点」「出会い」という意味であり、人の出会いを大事にするからこそ「人生」がある。 これを企業理念としているのが「Branchグループ」である。 代表の南さんは、22歳という若さで人の出会いを誰よりも大事にする「人」である。 では、どのような事業をしているのか。 それは、主にITコンサルタント及びネットビジネスを提供しており、今では、月に100万以上の売上にコンサルタント料は法人相手に1時間110万以上。 今や「IT業界のカリスマ」と言われ、多数の法人企業からのオファーが殺到している。 では、始めから簡単に「成功」という文字が現れたわけではない。 高校卒業後に大阪で工場勤務として社会人のスタートを切った。そこは、夢も希望もないひたすら同じ仕事の繰り返し。そして長時間労働の上、給料は残業代もまともにつかない、まさに「ブラック企業」であった。 高校卒業後に理想と現実の違いに挫折を経験。そこから果てしない暗い山道を歩む事になった。ある日、ネットを見ていると「ネットビジネス」というキーワードがあり自然にその記事を開いた。 今がドン底ならこれより下はないという斬新な発想により、ネットビジネスを始めた。しかし、初期投資が必要で今の資金では到底無理な話と諦めかけたが、何故か資金の準備をしたという。 金融機関にひたすら当り、資金を用意しネットビジネスを始めたが、またもや大きな壁が立ち塞がる。 それも理想と現実の違いであった。 「何故、成果がでない」「何故、俺だけが」という悔し涙を流しながらも約一年間、毎日欠かさずにやるべき事を貫いた。 その先に待っていたのは「成功」という待ちに待った眩しい大きな扉であった。 南さんは「本当に一年間は借金の返済にしかお金がつくれず、食べるものも100円ローソンで買った野菜などを食べていた」と語る。 今や愛車は「ベントレー」に社員数は60人以上。 大阪市内の中心部に事務所を置くほどまでに成長した。 そして、夢は「資産1兆円」という大きな夢である。その中でも、サイドビジネスを充実させて若者の生活水準の底上げの実現。それに社会貢献を続けていく「奉仕」の心。 22歳である南さんの夢は果てしなく大きくこれから若者が目標とする「人」に間違いないであろう。 今回の取材でも感じさせられたが、簡単に「成功」は掴めない。だからこそ「人生」の面白さがあるのではないのか。 若くして苦労をして出会いを大事にする南さんの「成功」は実力だと実感している。 これからも、若者のために邁進する「Branchグループ」の活躍を期待したい。 記事 稲石