NEWSお知らせ

お客様とのご縁は「永遠に」

今夜も一人ひとりのお客様を笑顔で迎えて、働く男性を支え続けている宇佐市四日市のスナックを紹介させて頂きます。 「エタニティー」それは「永遠に」という意味であり”永遠にお客様を大事する”お店こそ「エタニティー」である。 そしてオーナーの安倍 沙綾可さんです。   オーナーの安倍さんは業界10年以上のキャリアがあり、お店も8年目を迎え現在もスタッフ11名をまとめ店舗運営にも励んでいる。 安倍さんは、どこにでもあるお店だと”面白くない”と言い放つ。そのため、エタニティーは宇佐市四日市で8年目を迎え、お客様の年齢層も20代から80代まで幅広く支持されており、お客様から「愛される」強みがある。 それは、多数のお客様に喜んで頂けるオプションがあるという。そのオプションの一部を紹介すると「腕相撲で勝つと1000円Off」や「UFOキャッチャー」で商品券獲得ゲームなど。 なんて斬新なのか。その他にも面白いオプションがあり、カラオケも完備され室内の広さも30人以上のお客様が入るほどの団体様から好評だという。また、お客様には無料で手作り料理なども提供しており、こうした工夫がお客様の”ハート”を掴むのだろう。 また、安倍さんはスタッフとお客様の距離感をなくすためにスタッフの誕生日やお客様の誕生日の際は、必ずみんなで祝うイベントを実施をしている。 例えば、「ミニ運動会」や「大食い大会」に参加など発想のつかない面白い事を実施するのが安倍さんの独特な考えであり、スタッフとお客様の関係はより一層深まるという。 ちなみに、スタッフと参加した大食い大会で優勝したほどの食いっぷりも自慢の一つである。 ”食べる” ”飲む” まさに2刀流の隙のないところがまた魅力になるのだろう。様々な地域のイベントにもスタッフと共に参加をして地域を盛り上げているからこそ、地域の方からも支持されているに違いない。 こうしてお店も繁盛しているのも安倍さんの経験と努力が活かされているのだ。 業界に入る前に修行として各地のリゾート施設に働き、接客から礼儀、気遣いまで全てのことを学び、特に礼儀に関して安倍さん自身も極めたからこそスタッフにも厳しく指導しているという。 また、修行している時の厳しさに耐えれたのは「自分の成長のために」「怒られている内が花」というように”考え方”改革をしたからこそ耐えたのだ。 その後、二人でお店をオープンしたが、簡単に成功は道は開かなかった。方向性がまとまらず別々の道を歩む事になり共同経営の難しさを痛感したという。しかし、安倍さんは”一人でもやっていける”と一人でお店を守り続けたのだ。 一人でお店をオープンした時は、不安で押し潰れそうになったが安倍さんは「成るようになる」というメンタルの強さもあり、そして新しく入ってくるスタッフも一生懸命に仕事をしてくれたからこそ苦難を乗り越えた。こうした日々の努力により、お客様がお客様を呼ぶほどの人気店までに成長したのだろう。 そして安倍さんは、来年には新規の飲食店を出店する予定であり、スタッフも増やす方向で求人を出すほどの勢いがある。 今回取材を通じて、どこにもないお店を追求し続ける安倍さんの貪欲さに私は感心した。貪欲さは事業する上では、間違いなく大切なことだと思う。 これから”宇佐市で楽しめるお店NO1”を確立させるために貪欲に突き進む安倍さんを地元の方は支持し続けるであろう。 「スタッフ全員で待ってるけん、宇佐で1番面白い店やけんな!」 今夜も四日市に笑いが響きわたっている。   記事:稲石   インフォメーション 営業時間20:00~Last 定休日は日曜日・木曜日  所在地:大分県宇佐市四日市28-2F 求人情報 フロアスタッフ&ボーイスタッフ募集中 フロアスタッフに関して代行代支給。※上限有      

BACK

会社紹介映像

ONE HEART コーポレーションの概要と事業活動を映像でわかりやすくご紹介